腰椎すべり症

すべり症

(60代男性)
もともとすべり症があり腰椎(ヨウツイ、腰の骨)も後弯しており、慢性的な腰の痛みがありましたが、当院に通って頂き痛みは緩和しておりました。
その後、スキーに行かれ、ジャンプをして着地したときに、腰に負担がかかりまたひどい痛みが出てしまいました。

すべり症とは、腰椎4番5番の骨盤のすぐ上の骨によく起こる骨のズレで、
触ると階段状になっているため判断しやすいのですが、この部分に負担がかかっている可能性がありました。
これが原因の痛みには、お灸が効くためお灸をすえて痛みの緩和を確認し終了。

現在も月に1回~2回、定期的に来院頂いております。

当院にご相談ください。電話:047-407-2323

コメントは受け付けていません。